コンテンツへスキップ

防音設備付きの中古マンションを探すポイントはあるの?

  • by

防音設備をつけるためのポイント
中古マンションを探す場合、防音設備がある物件を見つけることは難しいですが、いくつかのポイントに注意することで可能性を高めることができます。
まず、不動産ポータルサイトを利用して物件を検索する際には、「防音設備付き」「防音室あり」といった表記を探すことが重要です。
これらの表記が物件の特徴や設備欄に明示されている場合は、防音設備がある可能性が高いです。
次に、建物の構造に注目しましょう。
一般的に、遮音性能が高いのは「SRC造・RC造」と呼ばれる建物です。
これは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造といったような建物で、比較的防音性が高いです。
一方、木造の場合は防音効果が低いとされているため、注意が必要です。
ですが、マンションの場合はRC造やSRC造がほとんどなので、比較的防音性が高いと言えます。
さらに、リノベーション済みのマンションを探す場合は注意が必要です。
最近のリノベーション済みマンションはデザインや内装がおしゃれで、スタイリッシュなものが多いですが、天井や壁のコンクリートなどの露出した内装は防音性能が低いため、音が響きやすくなります。
このようなマンションでは、防音設備の補完が必要です。
また、もし防音設備が整っていない物件を見つけた場合は、自分でリフォームやリノベーションを行うことも選択肢の一つです。
築年数が経っている物件では、防音等級が高くないことが多いので、自分の好みやニーズに合わせて防音設備を付けることで快適な生活空間を作ることができます。
以上が防音設備付きの中古マンションを探すためのポイントです。
防音性能が高い物件を見つけるためには、不動産ポータルサイトでの検索と建物の構造に注目することが重要です。
また、リノベーション済みの物件では内装の素材やデザインにも注意が必要です。
自分でリフォームやリノベーションを行うことで、防音設備を付けることもできるので、選択肢の一つとして考えてみてください。
参考ページ:楽器演奏できる物件|防音設備付きの中古マンションを選ぶポイント
手軽に防音室を手に入れる方法
防音設備を全ての部屋に完全に取り付けるのは、費用や時間がかかるため、音漏れを気にせずに楽しむことのできる特定の部屋、例えばオーディオルームやシアタールーム、キッズスペースなどに、防音室を設置する方々が増えてきています。
ただし、防音リノベーションには、マンションの管理規約などで制限がある場合も多いため、事前に確認を行うことが重要です。
防音室を手に入れる方法として、楽器愛好家にとっておすすめなのが、楽器メーカーが製造している防音室です。
このような防音室は、管楽器や弦楽器に適した0.8畳ほどのコンパクトなサイズから、グランドピアノを配置することができる4.3畳ほどの広さまで、さまざまな種類が提供されています。
一般的には、約50万円ほどの費用がかかりますが、その分だけ高品質で効果的な防音室を手に入れることができます。
これらの防音室は、組み立ても非常にシンプルで、専門の工事業者による設置作業も1日で完了します。
そのため、手軽に防音室を手に入れることができるのです。