コンテンツへスキップ

査定前に車内をクリーニングする理由

「中古車の査定基準」には、内装の汚れや臭い以外にも傷、ペットの毛、シールの跡、ヤニの付着などの項目があります。
これがなぜ車内クリーニングが重要なのかについて説明します。
もし販売前にクリーニングが必要だと判断された場合、それは「修理扱い」となります。
修理扱いされた場合、10点が減点されます。
内装に関する項目は非常に細かく設定されているため、減点される箇所が多いほど査定額は低くなります。
ただし、逆にきれいな状態を保っている場合は、特別加点が付けられ、優良車として評価されます。
もし手の施しようのない損傷である場合、少し諦めることもできますが、できる範囲できれいな状態で査定に臨むことが重要です。
ただし、業者にクリーニングを依頼する費用が査定額を上回る可能性もあることには注意してください。
その点にだけ留意しましょう。