コンテンツへスキップ

家を購入する際の年齢や年収

家を購入する際の年齢や年収
一般的に家を購入する時期や条件は個人によって異なりますが、国土交通省の調査によると、多くの家の購入者は以下のような年齢層や年収を持っていることがわかっています。
参考ページ:物件を購入するタイミングはいつがいい?まずは何を決める?
家を購入する際の平均年齢
一般的に、注文住宅や分譲戸建住宅、分譲集合住宅は、30代後半の方々が購入しています。
これは、自分たちの要望に合った住宅を建てることができるため、若い世代の方々に人気があるからです。
一方、中古物件を購入する世帯主の平均年齢は40代前半になります。
中古物件は既に建てられているため、引越しも早く済ませることができるため、早急に住居を確保したいという要求がある人々にとって魅力的です。
家を購入する際の平均年収
分譲集合住宅の購入者の平均世帯年収は最も高く、なんと923万円になります。
また、新築物件を購入する人々の平均年収は、中古物件を購入する人々よりも高い傾向があります。
家を購入する最適なタイミング
多くの人々は、ライフイベントが起こった時に家を購入することを選択します。
例えば、結婚や妊娠・出産、子供の進学、子供の独立、定年退職などが挙げられます。
また、家賃の支払いがもったいなく感じられるようになったり、マイホームの頭金が貯まったりするなど、経済的な理由から家の購入を決断する人々も存在します。