コンテンツへスキップ

固定資産税路線価とは

  • by

固定資産税路線価とは
固定資産税路線価とは、固定資産税を算出するために使われる数値です。
この路線価を用いて、固定資産税の額が計算されます。
路線価は、公示価格の70%という基準に基づいて算出されます。
市町村(または区)は、固定資産税路線価を3年ごとに公表しており、これは納税者が固定資産税を支払う基準となります。
また、固定資産税路線価は、不動産取得税や登録免許税、都市計画税など他の税金の計算にも利用されます。
固定資産税路線価と相続税路線価の違い
一般的に、「路線価」と聞くと相続税路線価を思い浮かべる方が多いですが、固定資産税路線価と相続税路線価は異なる数値です。
相続税路線価は、相続税の計算に必要な数値であり、その金額自体も固定資産税路線価とは異なります。
相続税路線価は公示価格の80%を目安としています。
一方、固定資産税路線価の目安は公示価格の70%です。
両者の算出基準が異なるため、固定資産税路線価を調べる場合は、相続税とは別の観点で考える必要があります。
参考ページ:不動産購入後の固定資産税路線価の調べ方や相続税路線価との違いについて解説!
固定資産税路線価の調べ方
固定資産税路線価は、市町村(または区)が算出しています。
固定資産税路線価以外にも、公示価格、実勢価格(時価相場)、都道府県地価調査価格など、土地の価格を表すさまざまな数値が存在しますが、それぞれ異なる価格を示しています。
固定資産税路線価を調べる方法として、一般財団法人資産評価システム研究センターが提供している全国地価マップがあります。
このマップを使用して、固定資産税路線価を調べることができます。
具体的な調べ方は、一般財団法人資産評価システム研究センターの全国地価マップのサイトを開いて行います。
地域の固定資産税路線価等を調べる方法
まず、インターネットで「一般財団法人資産評価システム研究センター」もしくは「全国地価マップ」というキーワードで検索エンジンを起動します。
すると、関連するサイトにアクセスすることができます。
サイトにアクセスしたら、掲載されているマップ一覧を見つけます。
その中で、調べたい情報である「固定資産税路線価等」という項目を探します。
この項目をクリックすることで、該当の情報にアクセスすることができます。
次に、調べたい地域を選択します。
サイト上には、全国の地域ごとに一覧や地図が表示されています。
自分が調べたい地域を見つけたら、その地域の名前をクリックすることで、詳しい情報を閲覧することができます。
このようにして、一般財団法人資産評価システム研究センターや全国地価マップを利用して、地域の固定資産税路線価等を調べることができます。