コンテンツへスキップ

固定資産税路線価とは

  • by

固定資産税路線価とは
固定資産税路線価とは、固定資産税の評価額を算出するために使われる数値です。
固定資産税路線価を利用して、固定資産税額を計算することが行われます。
この固定資産税路線価は、公示価格の70%という評価基準に基づいて算出されます。
お住まいの地域の市町村(東京都の場合は区)が、固定資産税路線価を3年に1度公表しています。
固定資産税路線価は、納税者が固定資産税を納めるための基準となり、他の税金(不動産取得税や登録免許税、都市計画税など)の算出にも使われます。
固定資産税路線価と相続税路線価の違い
一般的に、「路線価」と聞くと相続税路線価を思い浮かべることが多いですが、固定資産税路線価と相続税路線価は異なる数値です。
相続税路線価は、相続税を算出する際に必要な数値であり、固定資産税路線価とは別の金額です。
相続税路線価の目安は公示価格の80%ですが、固定資産税路線価の目安は公示価格の70%です。
両者の算出基準が異なるため、固定資産税路線価を調査する場合は、相続税とは別の視点から考える必要があります。
参考ページ:不動産購入後の固定資産税路線価の調べ方や相続税路線価との違いについて解説!
固定資産税路線価の調べ方
固定資産税路線価は、市町村(東京都では23区)が算出しています。
実は、土地の価格を表すさまざまな数値が存在しており、固定資産税路線価だけでなく公示価格、実勢価格(時価相場)、都道府県地価調査価格などもありますが、これらは全て異なる価格を表しています。
固定資産税路線価を調べる場合には、市町村が公表する情報を確認する必要があります。