コンテンツへスキップ

固定資産税をコンビニで支払う際の手順

  • by

固定資産税をコンビニで支払う際の手順
最近、キャッシュレス化の進展に伴い、固定資産税の支払い方法が多様化しています。
その中でも特に便利でお得な支払い方法として注目されているのが、電子マネーを利用した支払いです。
ここでは、電子マネーを使って固定資産税をコンビニで支払う際の手順を詳しく説明します。
固定資産税を電子マネーで支払うとお得な理由として、まずはクレジットカードを使用して電子マネーにチャージすることで、クレジットカードのポイントが付与される点が挙げられます。
多くのクレジットカードが、利用金額に応じてポイントを付与するサービスを提供しています。
例えば、楽天カードであれば、電子マネーにチャージした金額の1%分のポイントがもらえます。
もし、5万円分の電子マネーをチャージすると、500ポイントが付与されることになります。
固定資産税の額は大きいため、チャージした金額に応じたポイントも大きくなるでしょう。
さらに、電子マネーはコンビニで利用できるので、いつでも手軽に固定資産税を支払うことができます。
このように、電子マネーを利用することで固定資産税をお得に支払うことができ、さらに、コンビニで簡単に納税できるメリットもあります。
電子マネーを利用して固定資産税をコンビニで支払う手順
固定資産税を電子マネーを使ってコンビニで支払うための手順を詳しく説明します。
まず、固定資産税を電子マネーで支払えるかどうかは自治体によって異なるので、納税先の自治体で事前に確認しましょう。
このサービスは自治体が提供しているため、安心して利用できます。
固定資産税の支払いに利用できる電子マネーを使うためには、まずその電子マネーを登録する必要があります。
電子マネーには交通系のものと流通系のものがあります。
交通系の電子マネーの代表的なものには「Suica」「PASMO」「ICOCA」などがあります。
一方、流通系の電子マネーには「楽天Edy」「QUICPay」「nanaco」などがあります。
登録は簡単で、まずはコンビニエンスストアに行き、対応している電子マネーのカードを購入します。
そして、カードを自分の名前や連絡先などの情報と紐付けるために、登録手続きを行います。
登録手続きは通常、一度行えば以後の利用時には不要ですので、初回のみ手続きを行いましょう。
手続きが完了したら、あとはコンビニで固定資産税を支払う際に、電子マネーを使って支払います。
コンビニのレジに会計金額を伝え、対応する電子マネーのカードをかざして支払いを完了させます。
支払い金額がカードにチャージされ、同時にポイントも付与される仕組みです。
支払い明細をもらったら、必ず確認しましょう。
以上が、固定資産税をコンビニで電子マネーを利用して支払う際の詳しい手順になります。
電子マネーを利用することでお得さを実感しつつ、便利で簡単に固定資産税を支払うことができますので、ぜひ活用してみてください。
参考ページ:不動産購入 税金 固定資産税をコンビニで支払う際納付の注意点を解説!
交通系電子マネーとは、交通機関の乗車券や物販で使用できる電子決済サービスのことです。
代表的なものにはSuica、ICOCA、PASMOなどがあります。
これらの電子マネーは、交通機関の改札ゲートやバスの乗車券機で使用することができ、事前にチャージした金額で利用できます。
例えば、電車に乗る際にはSuicaカードを改札機にかざすだけで支払いが完了し、乗車できます。
それ以外にも、コンビニや飲食店、各種店舗でも使用することができ、キャッシュレス決済の一つとして幅広く使われています。
流通系電子マネーとは、物販などで使用できる電子決済サービスのことです。
代表的なものにはnanaco、WAON、楽天Edyなどがあります。
これらの電子マネーは、事前にチャージした金額で様々な店舗で使用することができます。
例えばnanacoを利用する場合、レジでnanacoカードを提示するだけで支払いが完了します。
これにより、現金を持ち歩かなくても買い物ができるため、安全性や利便性が向上します。
また、ネットショッピングでも使用することができ、オンライン決済の一つとしても使われています。
電子マネーはリチャージ可能なため、必要に応じてチャージすることができます。