コンテンツへスキップ

名古屋市熱田区不動産売却

  • by

名古屋市熱田区のエリア特徴と治安の状況
名古屋市熱田区は、名古屋市内の16区の中でも人口が比較的少ないエリアです。
2023年10月1日時点での人口は67,084人で、世帯数は35,021世帯となっています。
熱田区では、住民の安全を確保するために積極的な活動が行われています。
熱田警察署を中心に、犯罪防止のための啓蒙活動が行われています。
その中には、郵便局での強盗対応訓練や小学校での不審者対応訓練などが含まれています。
犯罪率は熱田区の人口数の少なさにより、やや高くなっています。
現在の熱田区の犯罪率は0.75%であり、名古屋市の平均犯罪率の0.70%と比較してやや高いです。
しかし、これは単純に発生件数を住民数で割った数値であり、熱田区の人口が他の区と比べて少ないために犯罪率が少し高くなっています。
以上が、名古屋市熱田区のエリア特徴と治安の状況についての詳細な説明です。
熱田区の治安は非常に良いことができる
熱田区では犯罪の発生件数が非常に少ないため、他の区と比較しても治安が良いと言えます。
この区では、安心して生活することができます。
参考ページ:名古屋市熱田区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
熱田神宮という歴史的な建造物
熱田区には、熱田神宮という歴史的な建造物があります。
この神社は、創建から約113年の歴史を持ち、三種の神器の一つである「草薙神剣」を祀っていることで有名です。
熱田神宮はご利益やパワースポットとしても知られており、年間700万人以上の人々が訪れます。
また、この神社は非常に有名です。