コンテンツへスキップ

名古屋市港区の不動産売却

  • by

名古屋市港区の特徴
名古屋市港区は、面積が最も広く、海に隣接していることが大きな特徴です。
また、名古屋港があり、中部地方の工業の中心地としても知られています。
工業地域だけでなく、名古屋港水族館やレゴランド、ららぽーと名古屋みなとアクルスなど、観光スポットも充実しています。
不動産市場も多様で、土地(空き地や未開発地)、空き家や中古住宅、中古マンション、農地(田んぼや畑)、工場や工場跡地など、さまざまな種類が存在しています。
名古屋市港区で不動産を売却しようとお考えの方には、売却のスタート地点や相場などの情報を提供いたします。
ぜひ参考にしてみてください。
名古屋市港区の人口と予測
名古屋市港区の人口は、2023年10月1日時点で140,922人で、世帯数は65,101世帯です。
1990年には148,185人、2000年には151,614人、2010年には149,215人でした。
一時期は150,000人を超えていたものの、最近は人口が減少しています。
しかし、リニア中央新幹線が開業すると名古屋市への移住者も増える可能性が高いです。
なぜなら、家賃が東京に比べて安く、東京へのアクセスも良いため、住む場所として魅力的な選択肢となるからです。
また、現在は多くの企業がテレワークを取り入れているため、名古屋に本社を持ちながら全国で働くという形態も増えています。
そのため、人口は減少傾向にありますが、将来的には名古屋市の需要が高まっていくと予想されます。
*参考:令和5年10月1日現在の名古屋市の世帯数と人口 -推計人口
名古屋市港区の歴史的な魅力
港区には多くの史跡や歴史的な名所が存在します。
港区の公式ウェブサイトでは、そういった史跡を巡る散歩コースをいくつか案内しています。
参考ページ:名古屋市港区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋港と築地周辺史跡めぐり
名古屋港駅から光賢寺までのコースでは、11個のスポットを巡りながら、過去の出来事や歴史に触れることができます。
このコースでは、名古屋港駅を出発点に、まず最初に訪れるのが光賢寺です。
光賢寺は古くからあるお寺であり、その歴史的価値があります。
ここで、長い歴史と伝統を感じることができます。
光賢寺から歩いて次に向かうのは、名古屋港大橋です。
この大橋は、名古屋港と周辺地域を結ぶ重要な役割を果たしています。
歩いて渡ることで、この橋の存在意義や役割を実感することができます。
そして、名古屋港大橋を渡ると、築地市場に到着します。
築地市場は、名古屋でも有名な市場であり、新鮮な食材やお土産が豊富に販売されています。
ここで、地元の食文化や商業活動に触れることができます。
築地市場を後にして、次に向かうのは、名古屋港水族館です。
ここでは、さまざまな海洋生物を観察することができます。
また、水族館内には、海洋生物の生態や保護活動について学ぶことができる展示もあります。
さらに、名古屋港水族館周辺には、歴史的な建造物や記念碑が点在しています。
これらの建造物や記念碑は、名古屋港の歴史や発展に関わる重要な要素となっています。
散策しながら、これらの歴史的な場所を訪れることで、名古屋港の歴史をより深く理解することができます。
このように、名古屋港と築地周辺史跡めぐりのコースでは、地域の歴史や文化を感じることができるスポットが数多く存在します。
是非、歩きながら、語り継がれる過去の物語に思いを馳せてみてください。