コンテンツへスキップ

名古屋市中川区不動産売却

名古屋市中川区の特徴と不動産売却について
名古屋市中川区は、名古屋市の16区の中で人口が2番目に多い区です。
ここ数年は、人口が横ばいですが、増加傾向にあります。
そのため、他の区と比較して不動産を売却する際にも好条件が期待できるでしょう。
不動産とは、土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地など様々な種類があります。
この記事では、名古屋市中川区の特徴や不動産売却価格の相場、そして不動産売却の流れについて詳しく紹介していきますので、参考にしてください。
名古屋市中川区の特徴
まずは、中川区がどのようなエリアなのか、その特徴について見ていきましょう。
中川区は名古屋市の中西部に位置しており、区の名前通り中川運河を含む7つの川が流れることで知られています。
名古屋市中川区の人口は2023年10月1日時点で217,934人、世帯数は103,739世帯となっており、名古屋市の16区の中で2番目に人口が多い区です。
中川区の東部には「尾頭橋(おとうばし)商店街」が存在し、毎年7月には中川区最大のお祭りである「中川金魚まつり」が開催されます。
その際には横幅3メートル、縦幅1.5メートルの巨大な金魚の山車が練り歩く様子が見どころの一つです。
中川区の中央部には区役所や主要な官公庁があり、地下鉄高畑駅周辺は商業地域として発展しています。
さらに、荒子は前田利家公の生誕地であり、尾張四観音の一つである荒子観音寺をはじめ多くの歴史的名所が点在しています。
特に荒子観音寺には千体以上の円空仏や国の指定文化財である多宝塔があり、多くの観光客が訪れています。
以上が名古屋市中川区の特徴です。
次に不動産売却に関して詳しくご紹介していきます。
参考ページ:名古屋市中川区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
西部の交通インフラ
西部地域では、南北方向に国道302号線や名古屋第二環状自動車道などの主要道路が走っており、東名阪自動車道や名古屋高速5号線、国道1号線といった幹線道路とも接続されています。
この地域は名古屋の西の玄関口として、今後の発展が期待されています。
西部地域の交通インフラには、便利な道路網が整備されていることが特徴です。
主要道路が南北に走っているため、地域内外へのアクセスが容易であり、名古屋市内や他の地域との交流が活発に行われています。
特に、国道1号線や東名阪自動車道との接続があることは大きな利点です。
これにより、名古屋市内や関西地域、中部地方などへのアクセスがスムーズに行えるため、ビジネスや観光などさまざまな目的での移動が便利になっています。
また、名古屋高速5号線を通じて名古屋市内へのアクセスも簡単であり、仕事やショッピング、イベントなどへの参加がより手軽になっています。
さらに、名古屋第二環状自動車道の整備によって地域内の交通網も充実し、さまざまな地域との結びつきが深まっています。
西部地域の交通インフラの整備により、名古屋の西の玄関口としての役割がますます重要になっています。
地域の発展においても、便利な交通アクセスが大きな要素となり、さらなる成長が期待されています。