コンテンツへスキップ

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と売却に適したタイミングや注意点

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と売却に適したタイミングや注意点
名古屋市で一戸建ての家を建てたり、購入したりして、そこに住むことを決めていても、会社都合による転勤などでその地を離れなければならないということもありますよね。
自分たちが思い入れのある家だからこそ、少しでも高く売却したいと思うものです。
この記事では、名古屋市での一戸建ての売却価格の相場や、売却に適したタイミングや注意点などを詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
名古屋市の一戸建ての売却価格の相場
まずは、名古屋市において一戸建ての家がどのくらいの価格で売買されているのか、相場を見ていきましょう。
2021年の平均価格は、1平方メートルあたり35.34万円であり、2022年には1平方メートルあたり39.91万円となっています。
このように、売却価格は上昇傾向にありますので、売却を考えている方にとっては喜ばしい状況と言えます。
実際に、2013年から2022年までの10年間のデータを見ると、名古屋市では1平方メートルあたりの価格が約13万円上昇しています。
一方、愛知県全体の平均では約5万円しか上昇していないため、名古屋市は愛知県の中でも非常に需要のあるエリアと言えるでしょう。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
区ごとの売却相場
名古屋市には16の区が存在し、それぞれのエリアにおいて一戸建ての売却相場は異なります。
2022年のデータによると、最も高額な売買が行われているのは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
2番目に高いのは「東区」であり、1平方メートルあたりの価格は56万円となっています。
これにより、中区と東区が需要が高く、価値が高いことがわかります。
中区は名古屋市の中心地であり、愛知県庁や名古屋市役所などが存在しているため、高い価格帯になっていると考えられます。
また、地下鉄の東山線・名城線・鶴舞線・桜通線が走っているため、アクセスの面でも非常に優れている街です。
一方、「港区」は最も低価格で売買が行われており、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
港区の特徴と魅力
名古屋市の最南端に位置し、津波などのリスクがあるため、注目されていないかもしれませんが、外国人の方も多く住んでいるエリアです。
しかし、港区には人気のレジャー施設があります。
例えば、レゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなどがあります。
これらの施設は大変人気があり、多くの観光客が訪れます。
また、ここ数年で港区の価格も上昇傾向にあります。
そのため、名古屋市全体で一戸建ての需要が高まっていると言えます。
港区は名古屋市内でも魅力のあるエリアであり、将来的な投資価値も期待できるかもしれません。