コンテンツへスキップ

名古屋市でマンションを高く売却するために注意すべきポイント

  • by

名古屋市でマンションを高く売却するために注意すべきポイント
名古屋市は日本で主要な都市の一つであり、現在の人口は2023年8月1日時点で約232万人です。
都市の人口は増加傾向にあり、このためマンションの需要も高まっています。
この記事では、名古屋市でマンションを売却することを考えている方々に向けて、売却価格の相場や確認すべき事項、高く売るためのポイントについて詳しく説明します。
名古屋市でのマンション売却時の相場
まず最初に、皆さんが一番気になるであろうマンションの売却価格相場についてお話しいたします。
実際に名古屋市でどのくらいの価格でマンションが売買されているかをご紹介いたします。
参考ページ:名古屋市マンション売却の相場は?確認すべき点や高く売るコツ
2018年1月1日から2023年7月31日の間に建てられた新築マンションの平均価格は4,996万円であり、1坪あたりの平均価格は240.8万円です。
また、中古マンションの場合、間取りを無視した平均価格は2,820.9万円となっております。
ただし、この価格は平均値ですので、地域や築年数、間取りによってマンションの価格は異なることをご了承ください。
特に「中区」が最も坪単価が高く、299.1万円となっています。
逆に、「港区」は最も低く、142.3万円です。
エリアや築年数による価格の変動
マンションの価格には、エリアや築年数が大きく影響してきます。
新築マンションの価格が高いということは、そのエリアに需要があるということを示しています。
マンションを売却する際には、自身のエリアで新築マンションがどのくらいの価格で売買されているのかを確認することが非常に重要です。
さらに、マンションの築年数も価格に大きく影響します。
不動産には耐用年数という指標があり、木造住宅は通常22年、鉄筋コンクリート造住宅は47年とされています。
これを超えると建物の価値は0円とされるため、築年数によって価格が大幅に変動することを覚えておいてください。
以上が名古屋市でマンションを売却する際に注意すべきポイントでした。
マンションの売却価格を最大限に高めるためには、相場を調査し、自身のマンションのエリアや築年数といった要素を考慮して適切な価格を設定することが重要です。