コンテンツへスキップ

北向き道路に建てた一戸建てのメリットとは?

北向き道路に建てた一戸建てのメリットとは?
北向き道路に建てられた一戸建てとは、敷地の北側が道路に接しているタイプの住宅です。
通常、日本では南向きの土地が人気ですが、北向きの一戸建てには独自のメリットがあります。
そのメリットの一つは、建物の高さ制限が比較的緩やかであることです。
建物の高さには、道路斜線制限や北側斜線制限など複数の規制があります。
参考ページ:北 向き 日当たり 戸建てのメリット・デメリットを詳しく解説
道路斜線制限は、建物が道路に面している部分の高さを制限することで、周辺の建物や道路の採光や通風を確保するための規制です。
一方、北側斜線制限は、北側の隣地の採光を確保するための制限です。
南向きや東向き、西向きの一戸建ての場合、道路に面した側や北側には制限がかかります。
しかし、北向き道路に建てられた一戸建ては、北側が道路に接しているため、北側斜線制限の影響を受けずに建築することができます。
そのため、建物の形状や高さに制約が少なく、より自由度の高いデザインや配置が可能となります。
さらに、北向きの一戸建ては、南向きの一戸建てと比べて日射量が少ないため、夏場の直射日光による暑さを緩和することができます。
ただし、昼間の室内の明るさや涼しさを確保するためには、遮光や断熱効果の高い窓や断熱材の使用が重要です。
北向きの一戸建てには、建築の制約が少なく、夏の暑さを抑える利点がありますが、一方で室内の明るさや温度管理には注意が必要です。
北向き道路に建てられた一戸建ては、道路斜線制限と北側斜線制限の両方が北側にあるため、他の方位に比べて斜線制限の影響を受けにくくなります。
また、北側斜線制限がない用途地域の場合もあるため、北側の斜線制限を活かしたデザイン住宅を建てることが可能です。