コンテンツへスキップ

住宅ローン控除を受けるための要件と金額

住宅ローン控除を受けるための要件と金額
住宅ローンを控除の対象とするには、いくつかの要件や制約があります。
まず、住宅ローンの返済期間は最長で10年間となります。
そして、年末時点での住宅ローンの残高の1%が所得税から控除されます。
具体的な控除金額は、年末時点の住宅ローンの残高によって決まりますが、上限が設けられています。
一般的な新築住宅の場合は、年末残高の1%が400万円まで控除されます。
また、認定長期優良住宅や認定低炭素住宅の場合は500万円まで控除されます。
つまり、年末時点での住宅ローン残高が4000万円以上であれば、その年の控除額は最大で40万円になります。
ただし、実際に控除される金額は、納めている所得税額の上限です。
参考ページ:不動産 中古住宅 住宅ローン控除の仕組みと節税方法を解説!
例えば、年末時点の住宅ローン残高が4000万円を超えていても、実際に納めた所得税が20万円であれば、控除されるのは20万円となります。
住宅ローン控除を受けるためには、さらにいくつかの要件を満たす必要があります。
具体的には以下の条件があります。
まず、年収が一定額以上であること、そして住宅ローンの返済期間が10年以上であること、さらには購入または新築した住宅の床面積が登記簿面積の50㎡以上であり、その床面積の2分の1以上が自己の居住用に使用されていることが必要です。
また、取得後6カ月以内に入居し、その後も引き続き住んでいることも条件の一つです。
さらに、控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること、自己居住用として取得した物件であること、入居した年とその前後の2年ずつの5年間に、長期譲渡所得の課税の特例などを受けていないことも要件です。
これらの要件をしっかりと確認しておくことが重要です。
住宅ローン控除を受けるためには、適切な条件を満たすだけでなく、所得金額や居住期間についても考慮する必要があります。
詳細な要件や制約は税務署などの関連機関に問い合わせるか、専門家に相談することをおすすめします。