コンテンツへスキップ

不動産購入時に必要なものと、注意点

  • by

不動産購入時に必要なものと、注意点
不動産を購入する際には、物件や土地の価格だけでなく、予想外の初期費用にも注意が必要です。
初期費用は、新築物件では物件価格の3〜7%、中古物件では6〜10%と言われています。
主な初期費用には、税金、手数料、頭金、保険料、手付金などが含まれます。
さらに、引っ越し費用やリフォーム費用も必要に応じてかかってきます。
中古物件を購入する場合、リフォーム費用も考慮する必要があります。
参考ページ:不動産購入中古物件購入時の注意点は?資金計画から物件選びまで解説
中古物件を低価格で購入し、後からリフォームするという選択肢もありますが、その場合はリフォーム費用も初期費用として計算しておかなければなりません。
また、リフォームによっては税金優遇措置が適用される場合もあるため、予算計画を立てる際には確認する必要があります。
ただし、リフォーム費用は内容によって異なるため、注意が必要です。
初期費用の中でも大部分を占めるものが仲介手数料です。
不動産業者を通じて購入する場合、仲介手数料が必要になります。
仲介手数料の上限は、「販売価格×3%+6万円」です。
一方、不動産業者を介さずに売主から直接購入する「売主物件」という選択肢もあります。
売主物件の場合、仲介手数料は不要ですが、不動産業者の中立なアドバイスが受けられないデメリットがあります。
売主は自社物件を買ってもらいたいと思っており、不利なことを言わない可能性があるため、仲介手数料を支払うことで公平な取引ができる可能性があります。