コンテンツへスキップ

マンションの大規模修繕にかかる費用とその内訳

  • by

マンションの大規模修繕にかかる費用とその内訳
大規模修繕について詳しく知っておくことは重要です。
なぜなら、費用不足や過剰な費用をかけるリスクを回避するためです。
以下に、大規模修繕費用の内訳について詳しく説明します。
一般的に、大規模修繕費用は一戸あたり約75万円から125万円が相場とされています。
この金額を、約12年の期間で積み立てて修繕に充てるようにすることが推奨されています。
ただし、マンションの規模によって必要な修繕総額は異なるため、あらかじめ費用の概算を計算し、毎月の積み立て額を決める必要があります。
参考ページ:マンション 大 規模 修繕 費用 相場 はいくら?一時金の徴収はあるのか解説!
費用を抑えるためのコツもあります。
自治体によっては、大規模修繕工事の内容に応じて助成金や補助金を受け取ることができる場合がありますので、自治体に確認することも重要です。
また、大規模修繕をコンサルタントに依頼する場合は、コンサルティング費用がかかります。
一般的に、工事総額の約5~10%がコンサルティング費用の目安とされています。
例えば、工事に1,000万円かかる場合、コンサルティング費用は約50万円から100万円程度となります。
コンサルタントへの費用は高く感じるかもしれませんが、信頼できるコンサルタントに依頼することで、自身で施工会社に直接依頼するよりも総工事費を100万円以上安く抑えることができることもあります。
さらに、コンサルタントに依頼することで、施工会社によるトラブルのリスクも低く抑えられます。
そのため、コンサルタントに依頼することは大きなメリットがあるため、その費用も計算に入れておくことをおすすめします。
以上が、マンションの大規模修繕にかかる費用とその内訳についての詳細な説明です。